顔のくすみの原因は顔を覆っている大量の産毛かも

顔のくすみの原因は顔を覆っている大量の産毛かも

化粧水の入りが悪い、顔色がくすんでいる、ファンデーションののりが悪い、毛穴の汚れが目立つ、そんな悩みを感じたことはないでしょうか?

 

脇や体のムダ毛の処理はみなさん行っていることでしょう。実は顔にも産毛がしっかりとあります。自宅の蛍光灯の下でしか鏡を見ない方は、一度せひ太陽光の下で鏡を見てください。
できればすっぴんの時が良いです。

 

顔を覆っている大量の産毛にびっくりすると思います。この顔の産毛は鼻のしたのヒゲと違い色が薄いので、蛍光灯の下では気づきにくいです。

 

この毛があることで、化粧水が思うように入っていかなかったり、ファンデーションの肌への密着を邪魔したりしています。顔のくすみの原因も実はこの産毛だったかもしれません。
産毛の手入れをして、美肌を手に入れませんか?

 

今ではレーザー脱毛やフラッシュ脱毛で体の脱毛はできます。鼻の下のヒゲもレーザーが可能です。

 

しかしその他の顔に使える脱毛というのはほとんどありません。黒いものに反応するレーザーなどでは顔の産毛の脱毛は難しいそうです。目の周りへの危険もきになりますね。

 

そこで顏の産毛を処理するのにおすすめなのが、I字のカミソリです。特に私が長年気に入って使用しているものが、貝印のビューティーMです。昔からどこのドラッグストアに行っても売ってある商品で、目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
こちら赤色のものはガードなしで、水色はガードありとなっています。貝印の商品ですからその刃の剃りあじは抜群で、しっかりと肌に密着します。
それだけに、初心者や肌を切ってしまうのが心配な方は水色のガード付が安心です。

 

個人的にはガード付よりもガードなしのほうがしっかりとそり上げてくれるので気に入っています。

 

鏡の前で顔全体に乳液やジェルやワセリンなどを厚めに広げます。この厚めにというのは重要です。剃るうちに皮膚が乾いてきますので、なるべく皮膚が空気にさらされないようにします。
カミソリをあてたあとの肌は、角質がそがれてとても敏感になっています。必要以上のダメージを与えないようにします。
また、洗顔と同時に処理をするのはやめましょう。洗顔の泡などで皮脂が奪われてしまいやすくなるそうです。

 

頬などのデコボコのあるところは反対の手で皮膚を抑えるなどの工夫をしましょう。目の周りも十分注意してください。
やり方がいまいちわからないという方は、男性のひげそりを思い浮かべてみてください。男性は上手に顔のムダ毛を処理しています。

 

処理が終わったら必ずぬるま湯でながします。そのままにしていては雑菌が繁殖しやすくなります。きれいにながしたら、化粧水をたっぷりしみこませて、収れん化粧水などで毛穴をひきしめておくとよいです。
化粧水がグングン入って顔が明るくなったのを感じられるはずです。

 

産毛の処理をして美肌を手に入れてください。